<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日々進化するために・・・ | main | 一回で終わるのか? >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    最善の手術とは 

    0

      セプラフィルムってご存知ですか?

      腸閉塞(腸に内容物が詰まって激しい腹痛を伴う病気)で使用する医療材料ですが、
      外科的手術をする際、術後にかなりの確率でまた腸が癒着を起こし内容物の通過障害をひきおこす再発を防ぐ効果があるという優れものです。

      これって使えば必ず防げる万能なものなのかと思いきや自分でいろいろ調べているとそうでもないらしい。

      外科の先生に、話をうかがっても「そうです。また再発することもあります。」とのこと。
      施術のやり方が適切でないから再発したのか、見落としがあったのではないかと少し疑いの目で見てしまう受け答えだが、
      根本的な解決方法はないのか自分で探してみることにした。

      自分なりに得た答えは、
      …欧離丱ぅ僖梗蟒僂、
      ⊃邑肛門をつけるかのどちらかみたいだ。これが正しいかはその道のプロに聞いてみようと思い
      また聞きでの立ち合いで
      バイパス手術がどうのこうのと言っているのを耳にしたのでおそらくはこれであっているんだと思った。

      なぜ、こんな異業種のことにと思う方がいるかもしれないが、
      人が悩みを解決したいと思う願望をその道のプロでない異業種の人間がどこまで力になれるか
      また専門医は部分的にしかわかっていないことが多いので(建設業もまったく同じ)、違う視点で全体を判断できないか試したいというのがある。

      違う視点で解決策を探してみる!
         ↓
      https://www.naturalsuccess.jp/xpower/opt/#IDE3DP






       
      (有) 宮坂工務店 * 医療 * 19:59 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 19:59 * - * - * - -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ