<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * - -

    成功しない人の共通点とは

    0







       

      成功するためのノウハウというものがある。

      [1か月で10キロ痩せた秘密のダイエット法]とか

      「これを実行するだけであなたも○○稼げます」
      みたいな・・・

      最近よく思うことですが、
      そのノウハウで成功する人というのは
      約10%くらいと思っています。
      (会社経営もそんなところですが)

      逆にうまくいかない人というのは
      何が原因で成功できないのか
      今回そこにも注目してみようと思う。

      なぜか?というと
      それはたくさんの失敗事例から
      私なりに気付きがあったからで、
      まず、「成功したいからこれをやるあれをする!」ではなく
      物事を常に大きな視点で見ていくことが必要
      と思っています。

      「木を見て森を見ず」という言葉があるように
      一点に集中することはすごく大事です。
      しかし自分の行動が常にどの方向に向かっているのか
      ということを意識できないと
      いつまでもその行為の
      「間違い!」に気付かないのです。

      「これをやればうまくいくんだ」
      とノウハウのみに執着しすぎて
      自分を冷静に見れないでいるのです。

      もっとわかりやすく言うと みなさん

      「すぐに」とか

      「短期的に」とか

      「成果が目に見えないし実感できない」という

       

                感情!

       

       

      が強すぎるのです。

      すぐに結果が出ないことで
      「このノウハウは再現性がないから」とか
      「自分なりに一生懸命やったのに思うような結果が出ないから」
      と今までの行為が「本当は正しかったのか?」
      も分からずあきらめてしまうのです。
       

       

       

      なので大多数の人達は、1か月くらいすると

       

       


       

       

       

      「あまり成果がでない!」

       

       

       

       

       


       

       

       

       

       

      というように思いはじめてどんなに粘り強い人でも
      3か月経つころにはほぼすべてをやめてしまうという

      パターンが非常に多いです。

      これがみなさんが陥る第一の壁。

      なので自分でこの壁(感情)を超えるには

      「本能の逆をいく!」ということをする。

      それは・・・
      https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/#IDE3DP
       

       

      (有) 宮坂工務店 * - * 11:30 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      あなたは与えられるか?

      0



        「時間的にも金銭的にも余裕がなければ
        他人に何かを与えるなんてできない」と
        かなりの方はそう思っています。

        これはある意味(難病治療や介護など)
        正しい感情ではあるのだけども、
        目の前の境遇だけに
        ただ頑張っているだけでは
        その後の将来が見えてこない。

        この時の感情を自分自身ではなく
        他の誰かに対して

        「今の自分に何ができるのか」

        を少し考えてみてほしい。

        余裕がないときほど
        自分のことで頭が埋め尽くされ、
        客観視できず、短期的な思考になり
        すぐに結果が出ないことはやらなくなります。

        ここで一度立ち止まり
        冷静になって、自分を見つめ直し
        成長するマインドを
        「自分から相手」に
        シフトしてください。

        決して自分の
        すべてを犠牲にするのではなく  
        「与える」「提供する」
        という選択をしてください。

        「すぐに結果は出ない」
        ということも頭に入れて行動してください。

        この時「大きな不安」
        という感情が邪魔しますが
        これに撃ち勝つことができたとき
        その先にあなたが望んだ結果が得られるはずです。
        https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/#IDE3DP

        <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NKI1M+169SQA+3DVI+61C2P" target="_blank">
        <img border="0" width="468" height="60" alt="" src="http://www27.a8.net/svt/bgt?aid=160520026071&wid=001&eno=01&mid=s00000015795001014000&mc=1"></a>
        <img border="0" width="1" height="1" src="http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=2NKI1M+169SQA+3DVI+61C2P" alt="">

         
        (有) 宮坂工務店 * - * 11:12 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        ゴールには必ずたどり着く!

        0




          アクションを起こす際
          土壇場で
          「自分にはできない」
          「怖いからやりたくない」と
          消極的になる人がいます。

          新しい取り組みを始めるときというのは
          なおさら不安に思います。

          しかし、何かを得ようとしたければ
          目的地(ゴール)から見なければなりません。

          私の場合、家づくりを生業としてますので
          「完成した家」からイメージします。

          また、ライバルがやっている家づくりは
          どんなものなのかも、
          常にリサーチしています。

          そこで少し物足りないと思う
          「デザイン」や「性能」を補ったり
          「法的基準を満たしているか」
          「新しい技術や工法を取り入れるのか」
          「追加工事(見落とし)はないのか」 など
          細かくすべてをチェックしていきます。

          今は現場でのキャリアが15年あるので
          ほぼ完ぺきにこなしていますが
          始めたばかりのころというのは
          慣れない事が多いと、細かいところに意識が
          いかず、失敗を繰り返していました。

          ミスが続くと自信を失い
          それから行動が止まってしまい
          さらに消極的になっていくという
          ジレンマに陥ります。

          しかしそこでは決して
          「無理だ」
          という言葉は使わないでください。

          あなたはこのとき迷わず
          「ゴールに必ずたどり着く」という
          選択肢しかないことを知ってほしいんです。

          頭の中に「こうすればうまくいく」というものがあり
          すべての素材をこれに当てはめていき
          ゴールから逆算するのです。
          https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/#IDE3DP

           
          (有) 宮坂工務店 * - * 11:36 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          結果を出せない?

          0



            かなりの方が
            「なかなか結果を出せない」と悩んでいます。

            最短で結果を出すには、しっかりと自分の能力を
            見極める必要があります。

            「自分はこれをやればいい」と思う前にその方法が
            「自分に合っているものなのか?」
            ということを知らなくてはならない。

            たとえば
            何かしらの資格を取りたいとした場合
            本屋さんに行って参考書を探されると思います。

            この時、本当に自分にあった参考書というものがあるのか、
            じっくりと五感で感じて選び抜いてほしい。

            じっくりと中身を見て
            「読みやすさ」だったり、
            「最新の事例」
            「隅々まで細かく解説している」
            「文章だけではなく映像として記憶できる」
            「すぐに取り組める」など。

            「やることは決まった」
            しかし、中途半端なものを手にして
            貴重な時間を削り学んでも
            思うような結果にはならないはずです。

            「自分にあった武器を選び抜く」
            これをせずして的外れな「努力」を
            しないこと。

            ビジネスもこれと同じです。
            https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/#IDE3DP


             
            (有) 宮坂工務店 * - * 11:23 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            セルフイメージを変えられる?

            0



              もっと収入を増やして今の現状から抜け出したい!

              しかしなあ〜・・・でも・・・

              そう感じている方は多いと思います。

              今まで自分なりに努力をしてきた。
              しかし失敗ばかりで何もうまくいかず、
              長続きしないであきらめてしまう。

              これにはまず
              セルフイメージというものが強く関係しています。

              「自分にはできない!」とはっきりと認識してしまう
              あきらめてしまうときの思考というのは

              苦しいとき、その行為に
              これだけはやりたいというような情熱や
              時間が経つのを忘れるくらい面白いと思えるもの
              がもてればよいのですが、
              とくに熱い思いもなく、お金のみにフォーカスしすぎて
              「本当に稼げる!」というイメージがつかめないでいると
              すべての作業が耐えられなくなっていく。

              するとどんどん行動にブレーキがかかり、
              一切何もしなくなってしまうのである。

              この時
              過去を振り返り現在地を知ることで
              セルフイメージが変えられる。

              過去を振り返ることとは、
              努力した行為が
              本当に正しいやり方でおこなったのか?ということ
              そしてそれをフィードバックしたことが
              現在地を知るということにつながります。

              これをまず知ること!
              この繰り返しが本当は失敗ではなく通過点だということに気付けくことになります。

              一つの仕組みを完成させるまでのレベルに達するまでは
              何度も「失敗ではない失敗!」の繰り返しなのです。

              つまり「チャレンジし続ける」というと
              「息苦しい」「辛い」という
              イメージを持ちやすいので
              受け入れやすい言葉で言うなら
              小さくテストし続けて、結果が出たことだけをまとめていく作業を
              「最後までやりきること!」なのです。

              誰でも無理なく平等にチャレンジできる方法は・・・
              https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/#IDE3DP





               
              (有) 宮坂工務店 * - * 08:24 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

              意識的にやる!

              0


                行動や思考全てを
                「意識的にやる!」
                これは本当に難しいことです。

                実はこれ、かなり重要なことで
                これを知っている、知っていないでは
                成果に圧倒的な
                「差」となって生じる。

                普段、生活する上で
                呼吸を意識してする人はいないと思う。

                車の運転でもオートマチック車ならギアを
                「このスピードの時は、1速にして」とか考えなくてもよい。

                なかなか成功できない人の特徴として
                全ての行動や思考を
                正しいやり方でやっていると理解できず
                「無意識におこなっている!」
                という傾向にある。

                そうつまり習慣化されたことというのは
                「そこをあえて意識する必要はない!」
                と脳が無意識でおこなってしまっているのである。

                ここで少しお金を受け取る(または給料)とき
                を想像してもらいたいのですが、
                _饉劼暴亢个垢譴
                ∈邏箸鬚靴燭ら
                セールスをして結果を出したから
                げ礎佑鮃獣曚靴燭ら
                ズ蚤腓硫礎佑鯆鷆,靴燭ら
                最大の価値を構築し提供し続けたから

                あなたはこの 銑Δ里匹離好董璽犬如
                無意識にうけとっていますか?

                当然θ屬任△譴仄入も上がっていくのですが
                このマインドをどうやって上げていくのか?
                ということ。

                ここに気付き「意識して」
                ステージを上げていく習慣
                を身に着けていく必要があります。

                なのでこの無意識にやることの習慣を「意識的に!」
                変えていくことが壁を超える(正しい方向に導く)第一段階となる。

                具体的な方法は・・・https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/#IDE3DP





                 
                (有) 宮坂工務店 * - * 10:33 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                床張替相談(福岡市 床張替専門)

                0
                  築30から40年経つ家の床材が
                  ぶかぶかになっていることが多い。

                  床下をのぞいてみると
                  断熱材が入ってなかったり
                  基礎がべた基礎ではなく
                  布基礎(立上りのみコンクリート)で
                  土間部分が土のままであったりする。

                  また建物部分の地盤が
                  周囲より下がっていて
                  雨水が土間部分に入ってきやすく、
                  それにより湿気がたまるので
                  カビが生えやすく
                  「床がぶかぶかになる」
                  という環境になってしまう。

                  これを自分で簡単に防ぐ方法は、
                  スコップなどで
                  建物部分の地盤の高さより低くなるよう
                  基礎外周部に溝を掘っていき
                  雨水を建物配置内に入れないようにすることで
                  床のブカブカは未然に防げます。

                  しかしすでになっている場合は
                  床の張替をしなければなりません。

                  この時、一番ベストな張替方法は
                  .侫蹇璽螢鵐阿僚鼎幼イ蠅任后

                  既存の床材の上から張れるので
                  強度も気密もとれるし
                  費用も抑えられ
                  工期も6帖程の広さであれば1日で終わります。

                  金額もすべての費用を含んでも
                  下地がかなり悪いこと
                  (土台が白蟻に食われスカスカな状態など)を除いては
                  ¥100,000以内で納まるはずです。











                   
                  (有) 宮坂工務店 * 建築 * 16:33 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  成功者に共通していること

                  0


                    成功している社長には共通点がある。

                    ある方達の対談を聞いていると
                    いろんな境遇があって、幼少期のベースも様々なのですが、
                    みなさん「ある出会い」をしてそれが「きっかけ」になっているということ。

                    「ある出会い」とは
                    それがメンターであったり、本であったり、会社であったり、
                    借金であったり、嫉妬(コンプレックス)という感情であったりする。


                    「きっかけ」もなく
                    己の力のみで、ゼロからすべてを積み上げていき、
                    這い上がってきたという人はいないと思う。

                    何かしらの「体験」があって
                    「やらなければならない!」
                    という誰にも負けない強い意思をもって行動している。

                    テクニック的な話は一切なく
                    この意思の力が強い人ほど大きな成功を収めている。

                    マインド的なことだが成功するには
                    単に「お金を稼ぎたい!」
                    「最新のテクニックを使って!」
                    だけでは通用しない世界のようだ。

                    そして、そこにはたくさんの
                    ドア(壁)がいくつもあって、
                    追いつめられながらも、
                    素直にすべてを受け入れ
                    できるかできないかを考えずとにかく
                    「やるしかない!」
                    という極限での決断をし、
                    そのドアを開け続けていった結果
                    今に至っているようだ。

                    私も非常に感銘を受けた。
                    背水で挑むときの恐怖に負けず決断することで
                    己の道を切り開いていこうと思う。

                    決断をするには・・・
                    https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/#IDE3DP

                     
                    (有) 宮坂工務店 * - * 15:10 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                    アマゾンのベストセラー本について

                    0
                      あの日(小保方 晴子氏)の手記を読みました。

                      STAP細胞の真偽について真実は分かりませんが、マスコミやテレビで大きく騒いでいた連中はいかがなものか。
                      彼らもサラリーマンなので、話題性を作ってインパクトを与え数字を稼いで注目を浴びなければ生き残っていけない。
                      真実はねじ曲げても自分たちに利益があればそれでいい連中なのだ。
                      人はお金が絡むと本質を見失う。多くの人が陥ること。
                      純粋に研究に励んでいたであろう小保方氏。
                      本当に苦しんでいる人に奇跡が起きる可能性を秘めていた発見だったかもしれないのに
                      一部の悪どい業者が若い目をつぶしている。

                      お金に目を向けず本当の価値とは何なのかそこにフォーカスしてほしい。
                       

                      (有) 宮坂工務店 * - * 00:37 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                      3年後!

                      0
                        3年後、自分がどうなっているのか少しイメージしてみたい。

                        数分間考えていると、建設業、不動産、保険、物販この4つは変わらず続けている。
                        しかし偏ってきている。一つのことをしていると他のことは忘れている。
                        すべてをバランスよくできないものか?いったいどれに比重を置けばいいのか?

                        これらをうまく融合してある一つの画期的なアイデアが浮かばず苦しんでいる。
                        何をどうすればまとまるのか?

                        上記の業種はその時々のトレンドに大きく左右されているため、私にとって必要である。
                        リサーチして本を読んでなどの机上の空論ではなく、実践で仕事を覚えていくタイプなので、その場に居合わせて行動を起こさないとどうもしっくりこないのだ。

                        集客は、ほぼチラシなのだが反応率はある業種に関しては
                        いいときで1%(100枚で1件アポ)悪いときで0.001%(1000枚で1件)ここから次(他業種)につなげることができない。
                        要はセールスができていない。

                        「この壁をいかに突破するか!」で大きくなるビジネスでもあるのだが、まだ答えは出ていない。
                        流れはできているのになぜか?

                        ここをイメージしていくには!
                        自分なりの答えは・・・「お客さんに聞いてみる!」ということ
                        「今、何に興味をもっているのか?」「何か不安に思うことはないか?」「困っていることは何か?」
                        焦る気持ちはとりあえず置いといて「長期的に物を考える癖!」をつけなければならない。
                        今すぐ結果を求めようとするから(短期的に物を見るから)、つまずくのかもしれない・・・

                        頭の片隅に残っていた答えだ。
                        今日は熱が出てボーとしていたが、すべてを真っ白にして考えるにはちょうど良かった。
























                         
                        (有) 宮坂工務店 * - * 12:22 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                        このページの先頭へ